夜の病院での怖い体験
夜の病院での怖い体験

僕は、仕方なしに隆志の後に続いた。

そして、ドアを静かに閉めた。

大学病院には、僕らだけしかいないらしく、物音一つしない。

建物内に明かりが全くないため、僕らは窓からさしこんでくる月の光を頼りに廊下を歩いた。

隆志はどんどん先に進んでいく。

よくこんな暗い中、そんなスピードで歩けるな・・・

って思ったが、ここは隆の通う大学病院。

いつも通いなれているところだからだろう。

そして、先ほどから気になっていたのだが、異様なほど建物内の温度が低い。

真夏なのに、なんなんだろうこの寒さは。

まるで冷蔵庫の中にいるみたいだ。

「この中が解剖室ね。」

隆志は突然言った。「え?」

僕は急に話しかけられ、隆志の方を向いて聞き返した。

「解剖室?」

「そう。解剖の実習があるんだけど、その時この部屋で解剖を行うんだ。」

「だから、解剖させてもらう人がこの中で安置されているんだ。」

隆志が少し高いトーンで説明した。

「解剖させてもらう人?ってことは、、、」

僕は背筋がゾワッとしたのを感じた。

死体が安置されてるところってこと??

医者と違って、ふつうの学生である博史は、人の死に直面したことがない。

足がガクガクするのを感じた。